カンダコーポレーション個人情報保護方針サイトマップお問い合わせ
導入事例

バック方式

スーパーマーケット A社様

銀行の支店統廃合により、今までの銀行サービスの継続が難しくなったため、代替策を検討されておりました。
金融機関と異なり、土・日曜日、祝日に関わらず訪問可能であることから、「今まで以上に助かっている」とのお褒めの言葉をいただいております。
レジ別に小分けにすることが出来るので、使い勝手も良いと好評です。

 
飲食店 B社様

近くのコンビニエンスストアで入金をしていましたが、釣銭確保に苦慮していました。
本サービス導入により、定期的に必要な釣銭が届くため、釣銭切れの不安が解消されました。
入金についても、1円単位まで入金が出来るようになったため、売上の管理も厳格に行うことが出来るようになりました。

 

 

 

大手外食チェーン C社様(ファミリーレストラン)
通常は現金精算結果のみのご報告となりますが、C社様においては現金精算結果を店舗様POSデータと照合して本部様へご報告しております。

本部様での照合作業軽減(ゼロ)及び、店舗様での計算間違えなどを防止する事ができるとご好評いただいております。
また、金券類の回収・精算代行・保管業務も実施しており、現金回りの管理全般をお任せいただいております。

 

 
ドラッグストアチェーン D社様

毎月、本部様から小口現金を各店舗に振込していましたが、銀行へ残高証明の発行を依頼したり、口座名義変更時の手続きに苦労されていました。
弊社小口現金サービスをご利用することで、本部様に代わり、毎月1回、小口現金をお届けするため、従業員様が銀行に行くことが不要となりました。
また、各店舗毎の銀行口座を無くすことも可能となり、残高証明発行と名義変更手続きの問題が解決しました。

 

 

調剤薬局チェーン E社様
隣接している医療機関の休診日に左右されることが多い調剤薬局は、店舗毎に営業日が異なるため、正確な売上日の管理が求められます。

特に、GW・お盆・年末年始等の長期店舗休日後の入金額は、売上日を特定する作業にも苦労されておりました。
弊社では、売上日による日付毎の売上管理のシステムを開発。お客様のPOSデータと相互連携することで、より正確な照合作業を可能にしました。

 

 

 

オフライン入金機方式

ガソリンスタンド店 F社様

金融機関まで距離があり、セルフ化で必要最低限の従業員のみしかおらず、入金・両替に苦労していました。
入金機投入後の現金は、保険が付保されているため、従業員様から安心との声をいただいております。(条件により保険付保)
また、取り出しも出来ないため、セキュリティも万全。機械での集計作業は、正確で大変楽になったとのことです。

 

 
食品メーカー G社様

商品の代金は原則は振込であるものの、小額の代金については配送ドライバーが現金を回収していました。
各ドライバー毎の回収金額を明確にしたいとのご希望があり、入金機方式をご採用いただきました。
上記の点が解消されただけでなく、経理担当者が手で行っていた全ドライバー集計作業が不要となっため、作業負担を減らすことが出来ました。

 

 

タクシー会社 H社様

各ドライバーの売上管理を明確にしたいため、入金機方式をご導入になられました。
導入後は、ドライバーが直接、入金機に売上金を投入することで、会計担当者が不在の場合でも、売上金の引き渡しが可能となりました。
「いつ、誰が、いくら?」が把握出来るようになったため、ドライバーと会計担当者の業務負担が軽減されました。

 

 
ガソリンスタンド店 I社様

店舗のセルフ化を進めるなかで、売上金の入金と両替について困っていました。特に両替金については、日中銀行窓口での大量両替は従業員が苦労して対応していました。
また、売上金についても本部から早期の振込を求めていました。
そうしたなかで、オンライン入金機を活用した集配金サービスの提案を受け、銀行営業日を気にすることなく両替金を店舗まで持込してもらい、売上金についても入金機に投入した翌銀行営業日には入金してもらえるので問題解決して助かっています。

 

 

 

ページトップへ